なんとかなるわな

なんとかなるわな

風祭蘭之介、日々のちょっとした話・・・おまえの眼は節穴か!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしのSFアニメ、宇宙戦艦ヤマトの実写版「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を観てきた。

オンタイムでテレビ版や映画版を見てきた強烈なヤマトファンのわたしは、最初この実写の話を聞いたとき、実写化不可能だと言われてたヤマトもついに・・・という喜びよりも、木村拓哉が古代進役???ありえねぇだろーーという印象のほうが強かった。

しかしどんな設定になるのか、他のキャストはだれがやるのか、ふと考えはしたものの、これは考えてはだめだなということに気づいた。何も考えずに見るのがヤマトの鉄則だからである(笑)。今までのヤマトも、いろいろとありすぎたからだ。

で、ちょっと前に映画見に行ったときに、ヤマトの広告看板がでかでかと置いてあったのでちらっと見たとき、一応誰が誰の役をやるかがきっちり載っていたのだが、ええーこれはどういうことよ???っていう設定の人物がちらほらいて、まぁ昔のヤマトのそのまんまを持ってくるより、今時はこういうほうがいいのかもしれないねー、なんてことを思った。そして、今朝になってふと「そういえばキャストの中にデスラーがなかった」ということに気づいた。デスラーやスターシャは誰がやるんだ???ナイショなのか?それとも出てこないのか???とか考えてたらキリが無くなった・・・だから考えちゃダメなんだよ。

まぁいろんなコトを思い想像しつつも、見てのお楽しみだね~~~ヤマトが動くのが楽しみ~とか気楽な考えて映画を見始めたのだが・・・

もうね、始まって数分で古代守がゆきかぜから通信してくるシーンであの懐かしい音楽が流れていきなり号泣^^;
ヤマトは音楽がよすぎます・・・音楽聞くだけで泣ける・・・てかいろんなこと思い出しちゃって更に泣ける。
アニメでは地下都市も近代的な感じだったけど、今回はマトリックスの地下都市みたいな感じだったな。よく考えたら地下都市があんなにきれいで近代的なのも変な話だよな。

要所要所でちゃんときめセリフが出てきて、その度に泣かされてるわし。監督が同世代ってのもあるけど、きっちりとおさえるポイント押さえてきているというか、そのセリフの度にアニメ版の声優のセリフが頭の中に出てくる。

絵的にはヤマト発進のシーンにすごく期待していたんだが、意外とあっさりだったので、もうちょっとみせてほしかったなぁと思うものの、アニメじゃないヤマトがうごいてるよ~~とちょっと感動した。使われてる小道具とかも微妙にアニメとかぶるものがあったりして、いちいち楽しめる。

まぁストーリーはアニメとの設定にものすごーく差がある部分があるのだが、まぁ青く顔ぬってる宇宙人が出てくるってのもおかしな話だし(昔のスタートレックとかそういうのあったよね)、第一艦橋が狭いのも船の通路が狭いのもリアリティを追求するとそうなるんだろうし、戦闘するシーンがあんまりないけどそれ言ってたら話進まないだろうし、色々と突込みどころはあるんだけれど、相対的に考えて、この映画はかなりいけているんじゃないかと思う。

とにかく「なにもかもみな懐かしい」という沖田艦長のセリフではないけれど、懐かしさだけで見に行ってもいいくらいだ。たまには懐かしさを追求するのもいいと思うんですよ、こんなご時世だし。

オンタイムヤマト世代のみなさん、ぜひ懐かしむためにも見ましょう。そして若い人たちはこの映画見てどういうふうに思うのかぜひ聞いてみたいもんだ。

ふと動画を検索してみたら、なんだかんだと大量に出てきて、とりあえずTV版が公開されていたりするので懐かしんで見てみようかなぁと思った次第である。
スポンサーサイト

テーマ : 日常    ジャンル : 心と身体

久々の映画

Category: レビュー   Tags: ---
今日は午後から久しぶりに映画を見に行ってきた。ぼちぼち空いているだろうと思われた「20世紀少年」を見た。

まぁ3部作ると断言しているだけあって、1作目はわけがわからんところが結構あり、しかしそれは今までの3部作(たとえばロード・オブ・ザ・リングとか)でもう慣れきっていると言ってよいのでなんとなく見た。まぁ次作が楽しみではある。破壊シーンは結構よかった。

それにしても登場人物の多いこと・・・わたしは結構登場人物を覚えられるほうだが、これだけいろんな人が出てきたら(次作からも更に沢山出てくるらしい)どうなることやら、という感じだった。

まあ映画3作見た後で漫画を読めばいいんだろう、今本屋では結構売り切れてたりするみたいだ。
テーマ : 独り言    ジャンル : ブログ

思い出の曲

Category: レビュー   Tags: ---
沼津へ行く前、いくつかCDでも持っていって車で聞こうか、と彼氏がCDを出してきてくれた。
その中に「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト Symphonic Suite Yamato」があってびっくりした。なんでも亡くなった奥さんが好きだったそうだ。わたしは宇宙戦艦ヤマトが子供の頃から大好きで、アニメといえばこれが最高と思っているのだが、このCDを以前からずっと欲しいと思っていたので、思わず大喜びしてしまった。
結局車の中ではCDを聞く事ができなかったので、自宅に借りて帰って早速聞いてみたのだが、もう懐かしいを通り越して感動してしまって泣けてしまった。

昔のアニメの曲は名曲が多いが、それにしても宮川泰さんはすごい、とつくづく思った。


「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト Symphonic Suite Yamato」
 シンフォニック・オーケストラ・ヤマト
(ちなみに廃盤です)

テーマ : 独り言    ジャンル : ブログ

大空のサムライ

Category: レビュー   Tags: ---
わたしの大好きな坂井三郎さんの「大空のサムライ」が映画になっていることは以前から知っていて、ビデオが出ていたのも知っていたのだが、なんと去年の秋にDVD化しているということをたまたま知ったので、TSUTAYA DISCASを使って借りてみた。

見る前は主役の坂井さん役が藤岡弘って言うのがちょっと抵抗あったのだ。なんだか藤岡弘じゃちょっと熱すぎるんじゃないかなぁと思ったからだ。坂井さんは著書を読む限り熱いところはあるけれども、もっとクールな感じがする人物だとわたしは思ったものだ。

しかしまぁ見てみると、原作をすべて読んでいるわたしでも割と納得のいく作品だと思った。戦闘機の模型を使ったりラジコンを使ったりと、空戦の迫力を出すためのいろんな工夫などの特典映像もあり、なかなか面白かった。

この映画を見て、また原作が読みたくなった。


「大空のサムライ デラックス版」(1976年公開)
 出演: 藤岡弘、志垣太郎、丹波哲郎、地井武男、大谷直子
 監督: 丸山誠治
 原作: 坂井三郎


e_02
テーマ : 伝えたい事    ジャンル : ブログ

許すということ

Category: レビュー   Tags: ---
今日久しぶりにDVDで「CASSHERN」を見た。この映画、昔のアニメ「新造人間キャシャーン」と比較するとまったく話も違うしテーマも違う。世間の評判もあまりいいとはいえない。

これを最初に見たときは、とにかくきれいでど派手で長いPVみたいだと思ったのだが、2度目に見たとき、ふと内容が気になった。50年間戦争が続いたあと、さらにまだ局地的に戦争が続いている世界という設定なのだが、誰かが殺されそれを恨み、復讐をし、そしてまたさらに憎悪が膨らむという状況に、病の妻を治したいという科学者の思念が政治に軍部にからむ。

せりふを聞いていると結構すごい。人間が人間じゃないものにどれだけひどいことをするか(人間にだってひどいことをするが)なんてものすごく堪える。人が殺しあわないための世界を作り直すために人を殺す。自分がしてしまった行為を許せないという状況もある。いつまで経っても懲りない人間というわけである。よくあるテーマだしそれほど目新しさもあるわけではなし。しかし唐沢寿明が叫ぶとなんだか妙に納得してしまうからこの役者はすごい。

人を一度憎んでしまうと許すことは難しい。わたしにも経験があるし、わたしが知っている人の中にもまだ人を恨んで許せないという人が幾人もいる。いつか心から許せる日が来るのだろうか。何かがきっかけで許すことができたら、それは幸せなことなんだろうと思う。わたしはそれに近いものを少し前に経験したが、こればっかりは時間が経ってみないとまだよくわからない。

和解するということと許すということは違うと思う。この歳になってようやく気がついた。


「CASSHERN」
 出演 : 伊勢谷友介、麻生久美子、寺尾聡、樋口可南子、唐沢寿明
 監督 : 紀里谷和明


e_02
テーマ : 伝えたい事    ジャンル : ブログ

電子レンジ料理

Category: レビュー   Tags: ---
一つ前に電子レンジで肉豆腐を作ったと書いたが、このレシピは下記の本を参考にした。この本を買った当時はまだ晩御飯を作らねばならぬ立場だったので、非常に感動のあまりmixiのレビューに書いてしまったというわけである。
てことで転載する。



テレビで村上祥子さんの番組を見て何気なく買ってみた本だったが、まさかこんなにおいしいのが簡単にできるとは思っていなかった。
材料を切って調味料を混ぜてレンジにかけるだけ・・・仕事から帰ってきてもこれだったらおかず作る気になります。
ガスと違って放置できるので、その間に他のこともできちゃって、短時間で作業が同時進行できるのは、少しでも早くご飯が食べたいときにはかなりうれしい。
しかもレシピ通りに作っただけで味も結構おいしいので、一度作って微妙な味の調節をすればさらにおいしくなるのではないかと。
この本で当分晩御飯作りが楽になりそうで非常にうれしい。




「簡単!電子レンジレシピ100-いれて・チンして・できあがり」
 村上 祥子 (著)
 出版社:永岡書店


e_02
テーマ : 伝えたい事    ジャンル : ブログ
人生なんとかなるわな

風祭 蘭之介

Author:風祭 蘭之介
詳細はプロフィールをどうぞ
プロフィール
メールはこちらへ

 
ブログ内検索
 
 
 
 
過去ログ
 
 
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。