なんとかなるわな

なんとかなるわな

風祭蘭之介、日々のちょっとした話・・・おまえの眼は節穴か!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




今回サヌールでやってみたのは革のかばんを作ってもらったこと。実はもう何年も前からやろうやろうと思っていたのだが、南部エリアにあまり長く滞在できなかったり、イドルフィトリで革製品の店が全部閉まってたりでチャンスを逃しっぱなしにしてきたのだ。

ナタ・バレの数軒となりに革製品のオーダーメイドの店があったので、持って行ってた布製のかばんを見せて、コレと同じ形のものを作って欲しいと言ってみた。多分革の種類はおそらくクタにある日本語対応の店ほど多くなかったが、最初からやわらかくて軽い羊の革でこげ茶色のかばんにしたかったので、その辺は問題なかった。とにかく最初はお試しにと思ったので。
2日後に出来上がるというので前金半額を渡し、あとは出来上がりを待つ・・・。

サヌールの宿はナタ・バレともうひとつ、わたしの大好きなペニーダ・ビュー。一緒に行くはずだった友達が久々のバリだったので、「ヴィラもいいけどやっぱりビーチもねぇ~」という話になり、まぁ宿変えてもいいか、楽しいし~ということで予約していたのだ。

去年火事になったので営業を休止して建て直し&リノベーションをしたペニーダ、フロント周りも綺麗になっていたし、あたらしく建てたという部屋はすごく綺麗でびっくりした。

わたしは昔からあるヴィラに泊まったのだが、こっちはまぁこれはこれで「ずばりペニーダ」で安心するのだが、新しい部屋はとっても魅力的だった。色使いもモダンな感じで部屋も使いやすそう。次はここ泊まってみたいなぁ~~と思ったり。
そしてファミリールームもついでに見せてもらったが、こっちもリノベーションされてバスルームとか綺麗になっていた。
実はファミリールームに泊まる予定だったのだが、一人でベッド3つも要らないだろうと思ってヴィラに変更してもらっていたのだ。現実的に次回二人で泊まるならここか・・・なんて思いながら自分の部屋に戻ると、ヴィラの部屋も妙に落ち着く。
困ったな・・・どの部屋も捨てがたい(^_^;)。まぁだからこの宿好きなんだが。

サヌールにはHardy'sとういスーパーがある。以前は違うスーパーだった。イマイチ使えないスーパーだったので、Hardy'sに変わったと聞いて期待していたんだが・・・いやマジで使えますよHardy's。日用品や化粧品がすごく充実してるし、2階にはいわゆるお土産屋がずらーーーーり、3階は衣料品と絵。スーパーなのだがお土産は絵は値札が付いていようがいまいが値段交渉あり。しかもクタより少しだが日用品が安いのだ。お土産を買うにはすこぶる優秀なスーパーなのでわたしは非常に気に入ってしまった。

Hardy'sの前にはネット屋があり、ネットが高い・遅い・日本語×の三拍子揃ったサヌールでは考えられないくらい快適で、しかも値段は他より高いと思ったが、スピードが速いので時間がかからず、結局他よりも安上がりになった。ダイビングの看板が出ていて、日本語でも張り紙がしてある。店主は若い白人男性で、とても気のいい人だった。いい店を見つけた、うれしい。

写真はペニーダの部屋、
左:わたしが泊まったヴィラ、和む
中:新しい部屋のリビング、ちょっとモダンな感じ
右:ファミリールーム、フローリングで渋い色使い

サヌール編は更に続く。
スポンサーサイト




サヌールに滞在するのは4年ぶりくらいだと思う。一人旅のときにはついついクタに泊まることにしてしまうからだ。

サヌールは一人旅にはちょっと寂しいというか、つまらないところだとずっと思っていた。今回も期待を裏切らず対して観るところもやることもないし、ご飯を食べるところの選択肢も非常に少なかった。

二人でのんびりだらだらしようと思って滞在することにしたサヌールだったので、やはり一人だと限界がある。しかしそれはそれで諦めがつくというか、夜はクタに買物にでも行けばいいわけだし(プラザバリやDFSのお世話になれば交通費もあんまりかからないし)、ホテルで昼寝したり携帯端末で映画観たりとかしてちんたらすごせばよいわけだし。

泊まったのがまぁこれまた一人じゃゼッタイに泊まらないヴィラ、ナタ・バレだったのだが、すこぶる快適だったとはいえロスメンから来たわたしには天国のようだった。バスタブはでかいし、お湯は熱いし、ドライヤーをかけてもブレイカー落ちないから余計な心配しなくていいし(笑)、ベッドも寝心地サイコーだし。

ただ、ちょっと気になることがあった。最初二人で泊まる事になっていたので2BEDROOMの片方の部屋を使うことになっていたらしいんだが、一人になったのでダブルベッドの部屋に変えて欲しいと言っておいた。希望通りになっていたのだが、2BEDROOMのリビングとダイニングはもう一部屋に泊まっていたお客さんとシェア状態だった。そういう2BEDROOMの片方だけとか使うのに慣れてないわたしは「こういうこともあるんか、よろしくです~」と思いっきりロスメンに泊まっている時のように思っちゃったわけなのだが、普通それはありえないことだったと後で知った。
マイミクのtataさんはナタ・バレを定宿にされているようなのだが、やはり「普通はこういうことはないんだけどね~~~」とおっしゃっていた。
へーそうなのかー、忙しい時期なんかな?くらいに思っていたわたしに旅行代理店をやっている友達は「それってただのオーバーブッキングだろう、なんで早く連絡してこないんだ~、文句言ったのに~~」と少々お怒り気味なくらいだった。まぁ仕事でやっている人だからそういう風に思うんだろう、わたしゃ別にかまわんかったよと言うと「相手(もう一部屋の方の人達)はそうは思ってないと思うよ(~_~;)」とつっこまれた。なるほど、わたしとちがってヴィラ滞在になれてる人達だったら「なにこの状態は!?!?あり得ん!!」と思って唖然としていたのかもしれない・・・最初にものすごーく動揺した風に見えたのはそのせいだったんだろう。いやはや勉強になった。

てことでサヌール編はもうちょっと続く。



腹具合不調

Category: 未分類   Tags: ---
どうもここ数年バリに滞在中はなんともないのに帰ってきてから何日もお腹の調子がぱっとしない。
既に帰国して10日もたつのに、まだ不調が続く。
といってもずーっと悪いんじゃなくて、よくなったり悪くなったり。

腸内の善玉菌が減って環境ワルワルになっているんだろうか・・・と思いつつ、明後日健康診断なので変なのがでなきゃよいが(^_^;)。




今回はウブドからサヌールの移動途中にデンパサールに寄るという大きな目標があったのだが、幸い素敵なトランスポーターとめぐり合うことができて、更にデンパサールが楽しかった。

彼の名はWayanさん(宿のWayanじゃないっすよ)。めがねをかけていて頭よさそうな、しかもやさしそうな青年で、日本語がかなり上手だった。
最初にお願いしようと思っていた人が既に予約いっぱいで忙しく、かわりにと紹介してもらったのが彼だ。

最初にどこかローカル色豊かなスーパーに行きたいと言ったら、ティアラデワタが近いから行きましょうということになった。普通トランスポートを頼むと目的地で何かするときはドライバーは車などで待っているものなのだが、Wayanさんはなんとガイドのように一緒に来てくれて、インドネシア語がサッパリわからないわたしのために店員にいろいろと聞いてくれた。しかも相変わらず重たい日用品の買物(クリームバスとか化粧品とか)が多いわたしの荷物を全部持ってくれるというのである!!
この値段でそこまでしてもらっちゃ悪いですよ~~(^_^;)と言うと、「いつも婚約者の買物に一緒に行って荷物を持つから大丈夫(ってそれ説明になってないですよ)」と、にっこり笑ってカゴを持たせてくれない。
そしていろいろと買おうと思っているものを一緒に探してくれ、あまりにうれしかったのでフードコートでお昼一緒に食べましょうと誘ってしまった。ミーアヤムを食べたが一緒に出てきたスープに味がないと意見が一致し、またまた和む。

その後スラウェシ通りに布を買いに行った。この店がいいですよ、と言われた店が偶然前回ウブド在住の友達が連れて行ってくれた店だったが、英語がほぼ通じない店で、ここでもWayanさんのお世話に。あの柄はなんだ、コレはレーヨンか、緑色のはないか、など、絶対に一人ではどうにもならん言葉を全部通訳してくれた。値段交渉は自分でするのだが、内容がわかると言うのは本当にありがたい。

そしてスラウェシ通りを少しぶらついて、あとはあれとこれとが欲しいんだけど・・・と言うと「次は現物を持ってくるか、写真を持ってきたほうがいいですよ、その方がお店の人がすぐにわかるから」とアドバイスされた。なるほどその通り、現物見せて「こういうの何処にある?」と聞くと、自分の店になくても知り合いの店を教えてくれたりするのだ。

その後何か変わったものがないかとクンバサリショッピングセンターへ行ったが、これと言って目に止まる物がなかった。ウブドの市場とあんまり変わらないなぁ、広いだけで、というのが正直な感想。しかもお客さんがあまりいないのに、値段交渉に積極的ではなく、値切るんだったら買わなくていい、というような店さえあってゲンナリしてしまった。

しかしWayanさんは本当にいい人だった。わたしが気に入ったものがなかったのがすごく気になったのか、他の店に行かなくても大丈夫か、行きたいところがあったらまだ時間があるから大丈夫ですよとか、いろいろ心配してくれた。

もう次回からはこの人に全部頼もうかと思ってしまったくらいわたしは彼が気に入ってしまった。
写真を撮るのをわすれてしまったので、載せられなくて残念だ。

言い値も最初から良心的だし(ガイドつきトランスポートって思ったら破格値です)、メールはひらがななら読めると言うので、もし興味がある人はわたしにメッセージ下さい。ご紹介いたします。



今回ウブドは本当に「寒かった」。何年もバリに行っているが、こんなに寒いと思ったのは初めてだった。

朝起きると天気がいいのだが、妙に空気が寒々しい。窓を開けると寒いし、テラスもまだ寒いので外でご飯を食べるのをやめて部屋の中で食べた。

日中日が昇っても何だか暑いというほどではなく、歩くのも苦にならない。普段なら日傘も帽子もなしで歩いていたらすぐに暑くて日陰に入りたくなるのだが・・・まぁそれはそれでうろうろ歩くにはラクでよかった。
だけどプールに入るのはちょっと・・・普段もウブドでプールは不要と思っているわたしだが、今回はきっといつもプールが必要な人もためらってしまうくらいだったと思う。

夜踊りを見に行ったが、途中からエアコンがひどく効いた部屋にいるような感じで冷えてきて、周りにいた人もかなり寒い寒いと言っていた。
いつもならガムランの音を聞いて踊りを見たくてたまらないのに眠くなってしまうんだが、寒くて目がすっかり覚めて、おかげで今回はカンペキに起きて見ることができた。

踊りといえば、1時間前に会場に行ったら、既に前列2列は紙が置かれていて席が取られていた。今回は早いな・・・と思いながら4列目くらいに座って待っていたら、10分くらい前になって席を取っていた人が後から来た人に「来なくなったから空いた席にどうぞ座って」と言っていて、ちょっと腹が立った。こないんだったら席取っとくなよ~~~~ムカムカムカ。なんだか席取り、エスカレートしているようでちょっと気分が悪い。
しかも時間になって暗くなる直前に後ろを振り返ったらすごい人でびっくり・・・よく見るといつもはいすを置いていないところにもいすが置かれていて、明らかにいつもの倍近く人がいた。一体どういうことなんだろう・・・。

市場界隈は人が少ないときでもまぁ比較的人が多いほうだと思っていたが、今回はバスが何台も来ていて、日本人だけじゃなく台湾からのツアーだと思われる人たちや、白人のグループなどがたくさんいた。ハノマン通りを歩いていたらHISのミニバンがやってきて、中から若い女の子がたくさん出てきてお店を渡り歩いていた。モンキーフォレスト通りは車が多くて渋滞気味、店に入れば必ず誰かいる、あるいは誰かが後から入ってくる・・・。
そしてペルティウィの隣に巨大なガラス張りのレストランができていて異様な雰囲気だった・・・ちょっと怖くて入れなかったが(^_^;)。

とにかく今回は人が多い。バリもようやく元通りになってきたのかなとちょっとうれしい。しかし反面、ワルンやスパなど「なじみの店」に行くと、人がいっぱいで待たされたりすることが多かったが、以前から好きで行っていた店が本屋雑誌に載ってしまったせいか人が増えてしまって、以前のように好きなときに飛び込みというのができなくなってしまった。少し悲しい。
そろそろ新規開拓しろってことかもしれない。

今回の新規開拓成功例は、ウブド在住の知り合いから教えてもらった「SARA SPA」。フットマッサージが1時間35,000ルピアだったが、施術者は男性で、ものすごくしっかりやってもらって大満足だった。
全身マッサージも1時間40,000ルピアと破格値だったので、次回試してみたいと思った。
ご飯処も新規開拓したいところだ、誰かいいところあったら教えてください。

写真はロスメンから撮ったウブドの朝と夕方。朝はテラス側からアグン山が見えた。

旅行記 ?ペジェン

Category: 未分類   Tags: ---



宿は決まったが、さて暇だな・・・と思っていたらNarasomaのスタッフのWayanがやってきて、どこか行きたいところはないか?と聞いた。
既にお昼だったので、キンタマーニはどうかというのを断ったら「ペジェンに行ったことはあるか?」という。
ペジェンってどこよ???と聞いたらウブドの隣でギャニャールまでは行かない、という。1時間もかからないというのでバイクでつれてって貰う事にした。

いきなりウブド大通りを東へ突っ走り、プリアタン大通りを過ぎてマヤウブド方面へどんどこ走っていったが、山道をバイクの後ろに乗っていくというのは結構厳しかった・・・しかしその先道が悪くなると更にしんどかった(^_^;)。

突如田んぼばっかり開けたところに出て、この辺か~?と聞くとまだだという。そして更に走り続けたが突然バイクを止めて景色を見ろという。ここがペジェンか??というとそうだという。まぁ田んぼばっかりですわ・・・眺めはとてもよく、そして誰も通らない・・・。

ちょっとあぜ道を歩いたり写真を撮ったりしたのだが、更に先に行くというのでバイクに戻って出発。どんどん道が悪くなっていき、だんだん苦しくなってきた・・・。

大きな通りに出たのでさて帰るのかと思いきや、屋台が並んでいるところに寄り道。うまいバビグリンが買えるというので二人分買った。でっかい豚の丸焼きがおいてあり、写真を撮れ撮れと言われるがまま撮影。

バビグリンを持って今度こそ帰るのかと思いきや、何だかウブドとは違う方向に走っていく。そしてまた誰もいない田んぼ道、突如バイクを止めたので、今度は何だ??と思ったらバビグリンを食べようという。おいおい、まだ4時だよ、まだ腹減らないよ、わたしは持ってかえって食べたいよ、というと、自分だけ今ここで食べていいか、朝から食べてないんだというのでどうぞどうぞお食べくださいよというと、田んぼのわき道に座ってバビグリンを食べ始めた。オマエ、これが食べたくてわざわざここに来たのか・・・と思いつつ、まぁ景色でもゆっくり見るかと一人散歩。

Wayanは食べ終わったらそのあたりを流れる小川で手を洗い、うまかったかと聞くとサイコーバグースというのでよかったなぁと言いつつ出発。今度こそ戻るんだと思ったら、またもや突如田園地帯でバイクを止める。よく見るとカモを田んぼに放し飼いにしているのでビデオを撮れという。しかしこれが妙に面白くて大笑いしながら見ていたら、わたしが面白がっているのがうれしかったらしくWayanは大喜びしていた。カモは本当に面白くてかわいらしかった。カモ使い(?)のオッサンは本当にさお1本でカモ達を誘導するのですごかった。

そこでカモを飽きるまで見て、今度こそさぁウブドに帰ろうというので、またあのひどい道を通って帰るのかと思っていたら、途中でお葬式のために鳥を大量にむしっているオジサン達と遭遇、その後川でずらっと並んで洗濯している女性たちに遭遇、いちいち見てみろ見てみろとバイクを止めてくれる。まぁ普段あまり見られないからということなんだろうが、いい加減道が悪くて疲れてきてたので、できればウブドに早く帰ってもらいたいんだがなぁと思い始めたら、ようやくウブドに帰ると言ったので一安心。

宿に着いたら「明日はどうする?」というので、とりあえず買物するから何処にも行かない(^_^;)というと、自転車が要るんじゃないかというので1日借りることにした。何だか疲れて断る気力がなかった感じ。

そしてWayanは更に滞在中にあれこれ申し出てくるのだが、値段の言い方が微妙に高すぎず・・・というのであまり値切る気力が出ず、割と言い値でOKしていたら、調子に乗ったのか自転車半日40,000ルピアだというので、アホかボケ!!そんなに払ったらバイクが借りれるワイ!!とちょっとむかついて文句言ったらそれ以来あまり何も言ってこなくなった。

そして最終日、移動するのにトランスポートを他で頼んでいたんだが、荷物を降ろしてもらい、たまたまちょっと遅れていたので少し話すと、既に宿から出ていくやつなんてどうでもいいという感じで妙に白々しかった。他でトランスポートを頼んだのも面白くなかったみたいだ。(だってオマエ車ないじゃんか)とてもわかりやすいやつだ。

もう一人のスタッフのマデはおとなしいタイプで頼みごともしやすかった。Wayanは最初からあまり相手にしなければ問題なかろうと思われるので、そういうタイプがニガテだったら最初から放置するべきであろう。そしてわたしは二度とバイクで田舎へ遠出なんてしないぞと固く誓ったのであった・・・。

そうだ、ちなみにそのバビグリンは今まで食べた中では一番うまいバビグリンだった。ウマいバビグリンは田舎にあり・・・か。


旅行記 ?ウブドの宿

Category: 未分類   Tags: ---



久々に一人でバリに行ったので、珍しく旅日記など書いてみることにします。

今回ウブドで泊まったロスメンはNarasomaという、モンキーフォレスト通りから小学校の北側にある小道(ベジ通り)をちょっと入ったところにある宿。

たまたま小道にちょっと入ったら声をかけられたのでついて行くと、部屋は全部で5部屋だけど他の部屋は空いてないから、といきなりまっすぐ3階へ直行。
見せられた部屋は角部屋で、ベランダもテラスも他の部屋に比べてすごく狭かった。スタッフ曰く、天気がいいとアグン山が見えるし、ベランダからは夕日がよく見えるという。しかも部屋が他のより狭いので、ちょっとまけてくれると言う。まぁ3階で眺めもいいし、とにかく風通しがすごくよかったので泊まってみることにした。

アグン山は本当にしっかり見えた、そして夕方になると部屋から夕日が見えた。
かなり眺めはいい。しかも王宮に近いからか、夜になるとガムランが聞こえてくる。テラスのいすには猫が時々寝ていた。この猫がなついていて、部屋に入ろうとしてくるのをさえぎると、入れてくれとわーわー鳴いていた。

スタッフが朝ごはんを何にするか、というので何があるのか?と聞くと何でもいいというので、とりあえず卵入りのジャッフルでもつくってもらおうか、という話になり、待っていたら普通に卵が入ったジャッフルと山盛りのカットフルーツを持ってきてくれた。ただしお茶、コーヒーはご自由にどうぞと言う感じでお湯のみポットに入れておいてあった。翌朝はバナナパンケーキを頼んだが、コレが結構うまかった。市場でナシを買ってきてもらうこともできるようだ。

更に水は2階に置いてあるタンクから好きなだけとって飲んでいいというので、非常にありがたかった。そして極めつけは2階に冷蔵庫が1台置いてあり、自由に使っていいというのだ!!
なんて親切な宿なんだ・・・冷蔵庫があるロスメンは初めてだ。

お湯の出もバッチリだったし、電気も結構明るい。よく考えると蚊取り線香を忘れていたが、3階だからか不要であった。
とにかく窓を開けていると風が涼しくて、ファンもあんまりいらないくらいだった。ここなら雨季でも結構快適かもなぁ~なんて思った。

しかしこの宿、2階の部屋と3階の階段を挟んだ反対側の部屋は隣に部屋がないのでよいが、わたしが泊まった部屋は隣にツインの部屋があり、ハッキリ言ってテラスで話しているほうがまだ話が聞こえないくらい、同じ部屋にいるような感じで声が聞こえる。(偶然日本人が泊まっていて、話の内容が全部聞こえてしまった・・・(^_^;)こういうのが気になる人はこの部屋はちょっと無理だと思う。まぁロスメンなのでこういうことは大いにありえる事なのだが。

おまけに宿の前にはネット屋があり、値段も安いしそこそこ早いので非常に便利だった。デウィシタ通りにすぐ行けるロケーションと言うのもかなりうれしかった。

わたしとしては「カナリいい宿見つけた」という感じなので、ぜひまた泊まりたいと思っている。

ただいま

Category: 未分類   Tags: ---
無事帰りました。
成田に着いたときには雨がざーざー降っていたので困ったなぁと思っていたら、自宅近くの駅に着いたら既にやんでいて助かりました。

しかしまぁ今回は本当に涼しかったです。日本が猛暑だったとのことで、今日帰って「蒸し暑いね」と旦那に言ったら「何言ってんだ、今日はまだ涼しいほうだ」と言われてしまった・・・いやはや避暑地バリ島。

でも1年に1回しか行かないと、荷物が多くなってしまっていかんですね(^_^;)。
ついあれもこれも買わなきゃと思ってしまって、いつもよりお買物しちゃった気がします。

でもまぁゆっくりできてよかったです。暇だなぁ、と言う感じ、久々だったので休養できたような気がします。


ジャカルタにて

Category: 未分類   Tags: ---
久々に強制的に降ろされました。眠すぎです・・・。既に開いている店もほとんどないのでひたすら待ち、です。まぁ荷物持ってでなくていいだけマシですが。今回はスーツケースを軽いものにしてホントによかった・・・26キロでした、見逃してもらえました。しかし機内に持ち込んだ荷物がすこぶる重たいのです^^;

寒すぎる

Category: 未分類   Tags: ---
日本ではめちゃくちゃ暑いらしいが、ここサヌールは日中非常に涼しくて快適だ。
しかし夜になると寒くて、エアコンなんてまったく要りません。

ウブドでは夜踊りを見ていると風邪引きそうになるくらい寒くなったので、困ったもんだなぁと思っていたのだが、まさかサヌールでもこんなに夜寒いとは思わなかった。
多分わたしがバリに来初めて、こんなに寒いのは初めてだと思う。

しかしデパートやエアコンの効いているレストランはがんがんに冷やしていて、寒くないのかこの人たちは・・・と思ってしまう。日本でのクールビズがなんだかちょっと懐かしい。
(会社は相変わらず暑いんだろうなぁ・・・)

とまぁこんな感じでのんきにやってきたが、明日はとうとう帰国です。

ヴィラ滞在

Category: 未分類   Tags: ---
サヌールに移動してきて、一人でヴィラに滞在している。
なんだかかなりもったいない気がしてしまい、今日はほぼ一日ヴィラでだらだら過ごした。

よく考えるとバリに来ても、それほど一日何にもせずにだらだらとしていることがあまり無い。
なんか買い忘れてるんじゃないかという衝動に駆られてついつい出かけてしまったりして、結局何も買わずに帰ってしまったり。
(散歩というのじゃないんだよね、そういうのは)

けどサヌールでは日本人には遭遇しないものの、欧米人カップル、家族連れ、老夫婦など本当にいろんな人が歩いている。
わたしが始めてバリに来た時、サヌールに滞在したのだが、その頃のようだ。
一人で歩いていると「タイワニーズ?ジャパニーズ?」と声をかけられるが、相変わらずしつこくは無い。

ゆっくりするにはいいところだと思う、サヌールは。

人人人

Category: 未分類   Tags: ---
歩いていても店に入ってもスパに行っても何処も人人人・・・これだけ人がいるウブドは久々なのでちょっと戸惑う。

気に入っていたスパが本に載ったからか予約がいっぱいで飛び込みでやってもらえなくなっていたので悲しい。(まぁ予約はできたけど)

ガイドブックに載っているようなレストランには人がいっぱい入っている。しかも日本人だけじゃない・・・台湾の人たちか?

ハノマン通りを女子団体が歩いている。そしてちょっとかわいい店があるとわっと入ってわっと出てくる。

道に座って声をかけてくる人が多くなった。歩きにくい。

とまぁ、人が戻ってにぎやかになったウブドであった・・・。

ubud

Category: 未分類   Tags: ---
ウブドに着いて3日目、昨日は人が少ないなぁと思ったものの、今日はどこから沸いて出てきたのかというくらい人が歩いている・・・ハノマン通りでさえ日本人と何組もすれ違った。
人が少ないと聞いていたけど、なんだか以前のような感じに戻った気がする。なじみの店の店員に聞いても、ゴールデンウィークはすごい人だったらしいし、その後も結構人が沢山来ているというので、なんとなくほっとした。

ウブドは1年ぶりだが、なんだか今回は新しい店が増えてはいるもののあまり感じが変わらない。
もうここまでくるとそれほど変化するものでもないのかもしれないが。

今回泊まっているロスメンは3階建てで、眺めがよくてとても涼しい。しかし隣にカップルが泊まっており、話し声が丸聞こえなので、こっちがちょっと気を使ってしまう^^;
前によく泊まっていた所はほかにあんまりお客さんがいなかったせいかそういう事で悩むことがなかったが、本来ロスメンというのはこんなものかな、なんてふと思った。

そうだ、今回空港の税関でのチェックがものすごく厳しかった。
ビニールなどの袋を機内持ち込みバッグ以外に持っていたら、中身を全てチェックされ、ちょっと怪しい(というか不明なもの)があると別室に連れて行かれる人が何人もいた。中には機内持ち込みのバッグの中まで確認されている人も結構いた。
しかしその時点で係員がいなくなり、その後に並んでいる人たちは別の列に再度並びなおさなくてはならなくて、荷物が出てくるまでかなり待った挙句に今度は税関で大行列・・・相変わらず要領の悪い空港なのであった・・・。

予定変更

Category: 未分類   Tags: ---
今度の土曜日からバリに行くことになっているのだが、一緒に行くはずの友達が諸事情により行けなくなり、突如一人旅になった。
最近一人で行っていないなぁはと思っていたが、最後に一人で行ったのはいつだっけ・・・多分二年近く前だったような。

二人で行く計画(妄想とも言う)を立てていて、出発も近かったのでほぼ考えが固まっていたところだったので、頭の切替がちょっと追いつかずちょっとぼーーっとしてしまった。
しかしそこは元祖妄想部員のわたしなので、ぼちぼち一人モードに切り替わってきた。
よく考えるとこんな直前に新しく妄想やりなおしって、なかなか出来るもんじゃないからすごく貴重な体験だったりするかもしれない。

まぁ二人で行くから予約したホテルやヴィラに一人で泊まるのがどうももったいな気がする貧乏性のわたしなのだが、たまには宿を楽しむのもよいかなぁと思ったりもしてきた。きっともう二度と一人でヴィラ滞在なんてないだろうし(笑)。

何年もバリに行き続けているけど、こういうこともあるってことで、まぁ楽しんでこようと思う。
(仕事から逃げられるのが更にうれしいのでね~~~)

セール

Category: 未分類   Tags: ---
今日は巷では夏のセールの開始日のようだったが、わたしは会社の関係で入場券をもらったロレアル社のファミリーセールに会社の同僚と行ってきた。
なんでもほとんどのものが定価の3割くらい(つまり7割引)で買えると言うので、普段化粧品を全く買わなくなったわたしも、そのくらいの値段だったらまぁたまには色物を買ってもいいかなと思って行ってみたのだ。

10時オープンだったのだが、前回行ったという同僚は早く行って並ばないとだめだというので、9時半前に到着したら既に2時間後の12時の回に入場できますと言われ唖然・・・前よりも厳しくなっていたらしく、同僚もびっくりしていた。
こりゃオープンの時のパチンコ屋みたいに早く行って並場なくちゃならんみたいだね・・・次回は更に早く来なくては(^_^;)。

そして12時に入場できたのはよいが・・・既に売り切れているものがかなりあり(しかも今日は2日目だったので、昨日売切れてしまったものもあるらしかった)、一番欲しいと思っていた眉墨が全くなかった・・・なぜそんなに眉墨人気なのか???

しかし会場をふと見回すと、そこらじゅうにわさわさいる人がすべて商品に目が釘付け集中状態で、人をおしのけ手を伸ばし、こりゃかばんの中に手を入れられて財布取られてもわからんだろうな・・・と言う人が沢山いて、こんな場所でガードを固めているわしって一体・・・と思ってしまった。
日本って本当に安全度高い国ですね。
でもね皆さん、バーゲンセールで熱くなるのもよいですが、そういうところを狙っている人もいるんですよーー気をつけてくださいね、と思わずつぶやきそうになったのであった。

久々にバーゲンなんて行ったもんだから疲れてしまった。ネットショッピング好きのわたしには毎日がバーゲンなので、リアルバーゲンなんて何年も行ってなかったもんで。
帰りの電車の中で立ったまま寝そうになって前に座っている人に突っ込みそうになったが、幸いその人も爆睡中で気づかれなかった・・・よかった。

帰ってきた

Category: 未分類   Tags: ---
PCが戻ってきた。
リポートにはDVDドライブの交換と、本体からの振動を確認したためCPUファンを交換とあった。
ほれみてみな、やっぱり普通の状態じゃなかったじゃんか、って感じだ。

しかしまるまる1週間、携帯端末があるとはいえ、やっぱりPCないと不便だったな・・・たまたま仕事が忙しい時期を脱したので会社でも調べ物とかしちゃったりできたからよかったものの、バリに行くまでに戻らなかったらどないしょうと思っていたので一安心だ。

DVD、今まで再生不良だったやつを何枚か試してみたが、全く問題なかった・・・ああ悩んだ数ヶ月があほらしかったが、いい勉強になったのでよしとするべきか。

人生なんとかなるわな

風祭 蘭之介

Author:風祭 蘭之介
詳細はプロフィールをどうぞ
プロフィール
メールはこちらへ

 
ブログ内検索
 
 
 
 
過去ログ
 
 
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。