なんとかなるわな

なんとかなるわな

風祭蘭之介、日々のちょっとした話・・・おまえの眼は節穴か!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島弁

Category: 未分類   Tags: ---
ここ数日仕事が手作業、肉体労働中心なので、ついつい夕方になると体がだるくなってきて「疲れた疲れた」と連発してしまう。
ああもう前のように半日立ったまま仕事とかできないな・・・とか思っているところに同僚がやってきてちょっと話をした。ふと「ああーたいぎーわー」と言ってしまったらしく、同僚が「うわーー、すごく久々に聞くなぁその言葉(後で聞いたら大学時代に広島出身の友だちがいたんだそうな)」と言うので、「へ?なんか今言った??」と思わず聞き返してしまった。

「たいぎな」という形容詞は広島ではごくごく当たり前に使われるのだが、やはり関東地方では「方言(しかもかなり特異な)」と取られて、面白がられる。まぁそういわれればそうかなと思う、初めて聞く人はどんな意味かわからないだろう。わたしはその土地特有の言葉(他の地方の人が聞いても意味不明な言葉)が非常に好きだ。

でもこの10年ほど、「お願い、広島弁しゃべってー」のリクエストになかなかお応え出来なかったわたしとしては、「たいぎーわー」が自然と出てきたことにちょっとうれしさを隠せない。ま、最近広島の人と話す機会が多いというのが大きな理由だろうが、やっぱりなんとなくうれしかったりする。

関西生まれなので、怒ったりムキになるとすぐに広島弁ではなくそっちが出てきてしまうわたしは、広島育ちだというと「へーーそうだったんですか」といつも驚かれるのだが、なんとなくもっと「広島ですよー」アピールをしていこうかな、なんて思っちゃったりした。

ああやっぱり広島最高。
スポンサーサイト

携帯電話

Category: 未分類   Tags: ---

番号ポータビリティの話題が最近周りですさまじい勢いで巻き起こっている。

今日はたまたま並んでいたイトーヨーカドーのレジ(日曜の夕方は余裕で30分待ちとかあったりする)で、前に並んでいたカップルが延々どこにしようかと話していた。結局ウィルコムがいいかなとか意味不明のオチになっていたところが笑えるが。

会社でもよく聞かれる、「どこか変更する予定あります??」と。
わたしは「全く予定ナシ」と即答するんだが、今どこですか?と聞かれてボーダフォン(ソフトバンクなんだがつい)と答えると「ああ、話題のとこですね~、やっぱあの料金体系、いいっすか?」なんて言われる。

料金体系なんて知らん。
(なんかしち面倒くさくてまだ調べていないだけだが)
そんなのが魅力的で変えないといっているのではない。

ずばり702NKが好きなので変えないだけである。

「ドコモにおんなじヤツありますよ」というやつがいた。まぁそりゃソフトバンクに既に702NKは存在しないのは確かだ。
だけどわたしは今使っているヤツが非常に気に入っているんだ。
今日もついついヤフオクでカバーを買ってしまった。今なぜに純正カラーチックなシルバーを???と自分でもふと思ったが、そんなもんは気分だ気分。
まぁヤフオクでも今後入手できなくなる可能性もあるだろうし、出来るだけ気に入ったものがあったらゲットしておこうと思った。
そう、コイツのためにバカにされながらも太陽光充電器を買ったようなもんだ。

モノにそれ程固執しないわたしとしては珍しく、この携帯にははまってしまった。

頼む、長生きしてくれ。


脳トレ効果

Category: 未分類   Tags: ---
毎週土曜日の朝は日経新聞土曜日版を見て楽しむのだが、今日からナンバープレイス(数独)の掲載が始まった。
↓数独とは?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%B0%E7%8B%AC
(やってみたい人は「ナンバープレイス」でGoogle検索するとわさわさでてくるのでどうぞ。)

ナンバープレイスは脳トレの一つとして紹介されていたのをきっかけに半年くらい前からやってみたりしていたのだが、今日の日経新聞の問題は、
 20分以上:ちょっとヤバイ
 20分以内:普通
 10分以内:よろしい
みたいな感じのことが書いてあったので、早速やってみた。

・・・5分。楽勝。

ちょっとは脳トレ効果が上がってきたということか、それとも単に慣れたのか。

しかし最近仕事が忙しくなってきて、複雑な指示が飛び交うのを把握する必要が出てきているので、そっちの方が脳トレになっているような気もしないではない。同時に複数の指示を間違えずに全部把握してこなす、っていうのは頭の普段使わないところを確実に使っているように・・・思う。

だけども相変わらずお昼にお弁当を買いに行くとき、「昨日なに食べたっけよぉ~~( ゚Д゚)ポカーン」と同僚に言っているわたし、どこが効果出とるんじゃと突っ込まれるとちょっとキビシイ。

ま、脊髄反射も鍛えにゃならんので、今日は左手だけでこの日記打ってみましたわ。

究極の愛情

Category: 未分類   Tags: ---
昨日夜、晩御飯のときに何気なくBS-iでやっていた「羽仁進のマザー・アフリカ 親子編」という番組を見た。
わたしが見たのはライオンの親子の物語のところからだったのだが・・・そのライオンの物語が忘れられない。

普通ライオンの群れはメスライオン数頭とその子供というものらしいが、珍しくオスのライオンが2頭、メスの群と一緒に行動していた。

子供はメスには当然なつくのだが、その群では数頭の子供がオスライオンにもなついていて、映像的に珍しいなと思って見ていた。ほほえましいなぁと思いつつ。

そしてその後、不機嫌になったオスライオンのところに行ってしまった子供を、オスライオンの1頭が怒ってたたきつけ、なんと死なせてしまった。

その子を産んだ母ライオンは、最初は子供の屍骸の上で仁王立ちになり、その後は血だらけになっている子供をなめ続け、最後にはその子を食べ始めた。

食べた・・・わたしはここで完全に頭が真っ白になり、涙が滝のように出た・・・が悲しいわけでも感動したわけでも驚いたわけでもあり得ないと思ったわけでもない、なぜだろう???
あまりに想像を超えたものだったからか???今でも母ライオンが子供を食べる映像が目に焼きついて離れない。

自分が生んだものが死んだら、他の生き物に食べられるくらいなら自分が食べて、来たところに帰す、ということか。それが究極の母性愛なのか。

母親になっていないわたしが考えてもよくわからない、でもものすごく気になる、一体何なんだろう。

どなたかご意見ください。

海猿

Category: 未分類   Tags: ---
あえてレビューでなく日記に書いてみる。

友達がエキストラ出演しているからと近所のTSUTAYAで借りてきた。
見た、という同僚に聞くと「日本版愛と青春の旅立ちだよ」ということだったので、ふーん青春物典型かぁと思って見てみたら、ホントにそのまんまだった。しかし主人公と女の子が微妙に仲良くなる程度に終わっているところがちょっといい。
しかもジャーニーのオープンアームスはものすごく好きな曲だ。

でも、なにがどうっていうと・・・背景、景色、あの場所、なのだ。
ロケ地の呉という場所が、わたしにとっては特別な場所なので、あの場面この場面、深い色をした海、夕暮れに見える島影、呉の町並み・・・登場人物やストーリーに関係なくタダその場所が写るだけでうっ、ときてしまう。

本当にあの「場所」は美しすぎる。

そしてもうひとつ。

わたしは本当に海が怖い。

海難事故シーンや事故発生してストーリー的に緊縛しているところでどきどきするとかいうレベルのものではなく、ただ海に潜っていくシーンだけで震えてしまう。死んだ相棒を海中に潜っていくところで見てしまって主人公がパニックを起こすシーン、あの場面はわたしにとって、まるでそこで自分が本当に経験しているような錯覚にとらわれるほど恐ろしかった。

なぜこれほど陸から見る海は好きなのに、海が怖いのかはよくわからない。バリに行くとやっぱり海岸に朝日や夕日を見に行きたくなるし、広島に行けば海を見ずには帰れない。たまには今住んでいるところでも海が見たくなって、時々江ノ島や千葉に行くこともある。

何かわからない力が働いていることは確かだろうが、これは克服できないもののひとつであることははっきりしている。
だから頼むから泳げ、って言わないで欲しい。

久々に飲んだ

Category: 未分類   Tags: ---
昨日は同じ部署にいる仲良しの女の子と二人で久々に飲んだ。
わたしも彼女もこのところいろいろと微妙な問題を抱えており、ちょっと飲みたい気分なんだという話になり、まぁたまには二人で飲みますかね、ということになった。

今まで聞いていなかった話、たとえば彼氏がいるとか、その彼氏とちょっともめていることとか、そういう話を初めて聞いたので、なんとなくうれしかった。職場のオヤジ連中にむかつくとかアホだとか、そういう当たり前に出てくる話以外の個人的な話をしてもらえるって言うのはやっぱりうれしいもんだ。

そしてこっちもいろいろ話をし、普段あまり言えない事や仕事に関して思うことなど話したが、調子に乗って飲んでしまい、久々に起きても酒が抜けてなかった・・・。

いつぶりだろう、こういうのは。
わたしは本当に同僚には恵まれているんだろうと思う。


総辞職

Category: 未分類   Tags: ---
今会社で仲良くしている女の子たちがこぞって不満を訴えている。

今日お昼ごはんを食べながら、全員で一斉に辞めてやろうかとかいう話になった。わたしたちが全員一気にいなくなったら今の上司たちは非常に困ることになるのは間違いないので(他に誰がやるんやコレだけの仕事)、総辞職すればうちの部は一時的にパニック状態になってしまうのは確実だ。

そういうことをちょっと考えると何だかザマミロという気になって少し気晴らしになる。

でも昔、実際にそれを経験したことが一度ある・・・残されたら本当にタマランのだ、総辞職の際は便乗せねばひどい目にあう・・・。

といいつつ、残って残務をヒーコラいってやるタイプの人間なんだと自分でもつくづく思う・・・orz。


紙・手書き嫌い

Category: 未分類   Tags: ---
今日は久しぶりに書類仕事をしたせいか、何箇所も手を紙で切ってしまった。これだから紙さばき仕事は嫌いなんだ。

最近は端末仕事が多く、紙に印刷してそれを見てどうのこうのということがあまりない。極力紙には印刷したくないし、印刷物を取っておきたくないのだ。今会社で使っているPCはデスクトップなので仕方ないが、会議の時でさえ印刷せずにノートPCを持って行きたいくらいだ。

印刷物でさえキライなのに、手書きはもっとキライだ。電話メモでさえ手書きしたくない。おかげで手で「書く」時に使う筋肉が衰えてしまい、ちょっと手書きをするとすぐ手がつりそうになる・・・これはやばいかもしれない。

最近は携帯端末のおかげでペンやメモを持って歩くこともなくなった。でも先日ふと携帯端末のメモを使おうとしたら、電池切れになってしまってあせってしまった。ま、そんなときは携帯電話をつかえばいいわけだが(どっちも電池切れ、っていうことはあんまりないので)。

しかしまぁもうすぐ年賀状の季節、ほとんどは印刷するんだが年に一度の便りくらい少し手書きのメッセージを入れたいところで、毎年年末に手をつりながら書く。でもその年賀状ですら電子年賀状を出す人が増え、手書きが減ってきた。

きっとあと10年くらいしたら、わたしの手書き筋肉は退化しつくしてしまい、字が書けなくなっているかもしれない・・・と思うと年賀状は年に一度の手書きリハビリなんだろうか。

ああでもやっぱりキーボードが好きだなぁ!!



夜景

Category: 未分類   Tags: ---
夜景、夜の景色が好きだ。

うちは14階、ベランダが東を向いている。東隣に高い建物がないので、東京方面が一望できるのであるが、夜はかなり綺麗だ。
東京タワーもちっこいが見えるし、羽田から飛ぶ飛行機のライトがチカチカと美しい。
少し身を乗り出すと新宿の高層ビル群も見える。
そして最近近くに出来た30階建てのマンションは何だかすごく豪壮だ。
昇る大きな月(時々赤くて怖いがそれも実は美しい)が出ているとそれだけで感動する。

夜景はこれから寒い季節になるとさらに綺麗になるのだが、夜遅くなってくるとさすがに電気の数が減るので暗くなる。
しかしわたしは冬の夜中、寒い中ベランダから見るちょっと暗めの夜景が好きだ。

元来夜型なので、夜中が好きだというのもあるが、いわゆる冬の丑三つ時は妙に心が和んで静かになる。(夏の丑三つ時は血が騒ぐのだが・・・)
枕草子では「冬はつとめて」なのだが、わたしにとっては「冬は真夜中」、なのである。

大雨強風

Category: 未分類   Tags: ---
今日会社の帰りに美容院に行ってきたが、外はものすごい大雨強風だった。
街のそこここに透明ビニール傘の残骸がごろごろしていて、何だか災害の後みたいな感じ・・・。

でもおかげで金曜日なのに美容院がすいていて、スタッフと24ネタで盛り上がって楽しかった。

記憶としがらみの香り

Category: 未分類   Tags: ---
最近朝うちを出ると、キンモクセイの香りがする。この香りでああ、秋だなぁと思う人も多いのだろう。だがわたしはこの香りが大嫌いだ。トイレの芳香剤みたいだからじゃない、この香りに結びついた過去の強烈な(しかもかなり粘着質な)思い出のせいである。

昔、実家にはモクセイとキンモクセイが1本ずつあり、モクセイが先に咲いて、それが終わった頃にキンモクセイが咲いた。当時広島に住んでいたわたしはモクセイが咲く季節はまだ秋というには少し違う、しいていえば夏の最後、という時期で、何となくモクセイが咲くと夏が終わるんだなと寂しくなったものだ。

そして秋、キンモクセイ。前にも書いたが我が人生で大きな出来事はすべてこの季節に起こっているのであるからして、このキンモクセイの香りがどれだけ思い出したくない過去のしがらみに結びついており、この香りを嗅ぐことによってそれが強制的に頭の奥底から沸きだしてくることか・・・。

わたしは音ともそうなのではあるが、香りと記憶の結びつきが異様なほど強く、何かを思い出したときにその時偶然香った香りが鮮明に思い出されることが非常に多い。また逆に香りのせいで非常にはっきりとリアルに当時の状況を思い出すことも然り。

ただでさえ不安定な秋、この香りにどれだけ打ちのめされることか。朝から憂鬱になってしまったので殴り書く。


結果的ダイエット

Category: 未分類   Tags: ---
この間食欲が減退して体重が減ってうんたらかんたらと書いたが、今日久々に体重計に乗って体脂肪とかBMIとかはかってみたら、なんとまぁオイ、まじめにダイエットしたみたいに減っていた。

体重は5kg、体脂肪率は2%、内臓脂肪レベルというのも1レベル減っていた。

ありゃま、ラッキー♪
運動も食事制限もなーーんもやっとらんのにコレってとってもありがたいですわなぁ~。
今年の正月に自己ベスト記録になりあがってしまい、これじゃぁまずすぎる何とかせねばと思いつつ、夏になると食欲増進してしまうわたしは、夜プロテインを飲む日を作ったりしていたのに体重へらねぇ・・・トホホ、となっていたのに、ここにきてアッサリこれですわ。

やはり腹が減らん、食欲ない~というときでも必ずプロテインは飲んでたし、最近ダンナが杜仲茶が内臓脂肪によいと聞きつけてきて定期的に作って冷蔵庫に入れているのをすかさず飲んでいたおかげかもしれない。

杜仲茶は今内臓脂肪を落とすといってかなり話題になっており、味のまずさをなんとかクリアすれば飲むだけでかなり内臓脂肪が取れるという話なので、この味がまずいと全く思わないわたしにとってはお茶飲むだけで内臓脂肪落ちるなんてこんなにありがたいダイエットはないのである。

しかし・・・やはり運動キライというもんの、多少はやったほうがいいのではないかと最近切々と思うのであった・・・。冬までになにか始めたほうがよさそうだ。


人生なんとかなるわな

風祭 蘭之介

Author:風祭 蘭之介
詳細はプロフィールをどうぞ
プロフィール
メールはこちらへ

 
ブログ内検索
 
 
 
 
過去ログ
 
 
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。