FC2ブログ
なんとかなるわな

なんとかなるわな

風祭蘭之介、日々のちょっとした話・・・おまえの眼は節穴か!


霊能者

Category: 未分類   Tags: ---
旅先でとある有名な霊能者に会った。

わたしはいわゆる「霊能者」なんてものをあんまり信じていなかった。あんなものはなんとでも言えて、ひっかかりそうな話を持っきて一部分が当たったらそれをわーっと大げさに抽象的に言って大金取るんだろ、くらいに思っていた。
テレビでやっているのを見てもいつも「あんなもんはな」と思っていた。
以前一度霊能者という人に会ったが、やっぱりぴんとこなかった。まぁうちの祖父もそれ系の人だったが、多少は血を受け継いでいるから偽者は会えばすぐにわかると思っていた。


しかしわたしが今回会った「霊能者」はすごかった。

車でその霊能者の家まで行ったんだが、家の前に着いたとき、彼が庭先に立っていたんだが、車の中でいきなり「気」というかパワーというか、説明しがたいものを感じた。はっと振り返って見ずにはいられない、強烈にひきつけられるような何か。

車を降りて庭にあるテーブルに案内され、そこでお茶とお菓子など出してもらったんだが、もうそれどころではない、歯ががちがちいうわ大量の汗はかくわ、尋常ではない。それ程その霊能者が出しているモノはわたしにとってすさまじかった。

全く緊張していなかったのにその気に当てられて頭が半分真っ白けになってしまい、順番2番目でよかった・・・とちょっとほっとしつつ待っていたら少し落ち着いたんだが、いざ自分の番になるとまたもや超あがった状態になってしまい、普段あがることなんてほぼ皆無、200人の前でも結構平気で話ができたこのわしが緊張かよ!!となんだかみょうちきりんな気分だなぁ・・・どないなっとんねん、とわらわら気味で霊能者の前に座った。

まぁ占いとかそういうのは、聞きたいことや現状の説明からするもんだと思ったわたしは、最初からとくとくと伏線話から始めていくうちに、緊張からかどどっとしゃべりすぎたようで、話していたら急に霊能者から「ちょっと待て」と制された。
は?なんじゃ?まだ肝心なところまで話してないぞ?と思っていたら、呼吸が浅いから深呼吸しろと言われ、深呼吸してたら「もう説明は不要だ、わかっている」と彼は言った。

な、何がわかっているんでしょうか・・・と微妙に不審に思いつつ、まぁとりあえず何を言われるか聞いてみようと思った。
次に彼が口を開いて「ズバリあなたが一番聞きたいのは何ですか?」と言った。わたしがポカーンとしていたら「○○(わたしが行く前からコレと決めていた質問)のことですね」と言った。

な、なんでこの人は知っているんだこのことを・・・。

それはただの始まりだった。後は今までわたしが経験したこと、いろいろと考えてきたこと、思ってきたこと、どうしたらいいかはわかっているがなかなか出来なかったことなどを全く時期をはずすことなく当てた。わたしより詳しいくらいだった。


そして今までいくら考えても答えが出てこなかったことへの解答。


その時、頭も心もオープンになっていたようだった。
これから一生大事にしようと思うものを沢山与えられたような気がする。

終わり際に「あなたがわたしのことを思い出すとき、わたしはあなたの中にいる」と彼は言った。

「一人で生きるな」と。

宿に帰ってからも霊能者の顔が頭から離れず、その夜は霊能者との会話の完全なるリピート夢、おかげで理解度が更に上がったような気もする。

単なる偶然だったのか、「気」があっただけなのか・・・しかし自分が一生問うて来た質問の答えに導いててくれた人間は無条件にわたしにとっては「師匠」である。

彼に会いに行ってよかった、と心から思う。いい経験をした。
さぁ、次へ進もう。

スポンサーサイト




送別シーズン

Category: 未分類   Tags: ---
今日でうちの本部長秘書のNさんが退社されるので、新橋で内輪送別会をした。
なんだかんだ言ってこの1年くらいはいろいろとお世話になったのでとても寂しい気がした。

来月いっぱいで会社を辞める人が結構いて、以前いたチームの同僚も二人辞めると聞いた。まぁこの時期辞める人が結構いるんだろうが、なんだか最近身近な人がどどっと退職していくので、知ってる人が少なくなっていくな・・・という気持ちが微妙に隠せない。

まぁそうは言っても自分はまだ今の会社を辞めるつもりはない。しかしこの間なぜ今の会社よりいいところを探そうとしないのか?と聞かれ、まともに答えられなかったというか、そんなこと思いつきもしなかったので、そういうのもありかもしれないなぁとは少しだけ思う。

とはいえ、一度にいろんなことをやろうとするとろくなことにならん予感がするので、ここはこらえて落ち着いてやっていこうと思った。

人生なんとかなるわな

風祭 蘭之介

Author:風祭 蘭之介
詳細はプロフィールをどうぞ
プロフィール
メールはこちらへ

 
ブログ内検索
 
 
 
 
過去ログ
 
 
 

Archive RSS Login