なんとかなるわな

なんとかなるわな

風祭蘭之介、日々のちょっとした話・・・おまえの眼は節穴か!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪を引いた

Category: 日々徒然   Tags: ---
急に寒くなったせいで風邪を引いてしまった。
しかし週末だったおかげで彼氏が何かと面倒を見てくれたので助かった。こういうときは一人暮らしでないほうがありがたいと思うところだ。

具合が悪いときに誰かに面倒を見てもらうなんて、本当に久しぶりだったので、何だか若い頃に体調絶不調の頃のことを思い出してしまった。
わたしは子供の頃はあまりからだが弱いという感じではなかったのだが、20代の前半から半ば頃にかけてひどく体の調子が悪くて、おまけに事故も経験しているので何度も救急車に乗った。
入院して介護してもらった時、体調がすぐれず家で寝ている時、お世話になった時のことをなんとなく思い出した。世話をしてくれたのは母であったり、付き添いさんだったり、妹だったりいろいろだが、あの頃は本当にいろんな人の世話になった。

わたし自身も祖母、祖父の介護をした。特に祖父は長い期間自宅、病院ともに付き添いをした。今のように介護制度がまだ確立する前で、デイケアサービスなどなかった頃だったので、世話をするのは当然家族の時代だった。いろんなことがあった。わからないことを病院に行った時に看護師さんに訊ねたりしたものだった。しかしそのおかげでいろんなことがわかったし、最終的には祖父とも沢山話をすることができた。

世話をし、世話をされ、どちらの立場も経験できてよかったと思う。
スポンサーサイト

テーマ : 独り言    ジャンル : ブログ

久々に帰る

Category: 日々徒然   Tags: ---
久々に自室に帰ってきた。なんだか既に自分の部屋のような気がしない、変な気分だ。
しかし薬が切れてはどうにもこうにもだし、必要なものも取って来なければならないし、そろそろ涼しい日もあるので洋服も長袖を用意しなくてはならないしで戻って来ざるを得ない。早く引越しをすべきなのかもしれない。

今日は久々に自室でセッションをやった。2時間続けてチャットをやると、なんだか妙に疲れてしまった。今までこんなことはそうなかったのにどうしてだろう。やはりまだ精神的に疲れているんだろうか。

ねこの写真の週めくりカレンダーがうちにあるのだが、それが2週間前のままだった。次にうちに戻ってくるのは10月になってからだな、なんだかあっという間だ。


テーマ : 独り言    ジャンル : ブログ

お別れ

Category: 日々徒然   Tags: ---
以前、退行催眠をしてもらったことがあるのだが、その人のところに今日彼氏を連れて行った。わたしが退行催眠をしてもらったときに、オプションで亡くなった人と話すことができると言われたで、彼の亡くなった奥さんと話をしたというのを話していて、もし息子と話をすることができればよいなという思いだったようだ。

しかし実際には息子とは話すことができなかった。ただ、前世をいくつか見せてもらい、亡くなった奥さんと息子、そしてわたしとの繋がりの話を聞いて、彼はとても納得できたようだった。
わたしも同じく話を聞いていて、思っていた通り息子は何の未練もなく旅立って魂となっていったんだと納得した。しかもすごいことに、息子は自分が逝くときに、他の迷える幾つもの魂をも一緒に連れて行ったと聞かされ、本当にやさしい子だったんだと思い出してうれしかった。本当に最後に大仕事をやってのけたわけだ。

彼は父親に対して、ありがとう、そしてもうかまわないで欲しい、といっているらしかった。死ぬ前から同じような様子だったので二人でやっぱりなあと話した。

今日は本当にいろんなことがよくわかった日だった。
本当に息子とはこれでお別れだ。寂しさは続くだろうが、彼の魂が行った所にいつかわたしたちも行くことになり、また会える日が来るだろう。

テーマ : 独り言    ジャンル : ブログ

まだこのままでいい

Category: 日々徒然   Tags: ---
法事も滞りなく終わり、広島から戻ってきた。久しぶりの故郷は少し寂れた雰囲気でさびしい感じがしたが、懐かしかった。次はまた4年後くらいに訪れることになるだろうが、今と同じような感じなのだろう。

東京に戻ってきて、いったん自分の部屋に戻ったものの、部屋で一人何をしたらいいかわからず、結局彼氏のうちに戻ってしまった。まだ一人ではいられないのだ。
今日も近所に買い物に行ったら、息子にご飯を作ってあげるために買い物をしたことを思い出してしまい、商店街で泣きそうになってしまった。彼氏のうちに帰って、息子にお線香をあげたら本当に泣けてしまった。

いつになったら落ち着くのだろうか、そんなことを思いながら、落ち着かなくてはならない理由も見つからない。思い出すことも供養のひとつだと思う。今はこれでいい。
テーマ : 独り言    ジャンル : ブログ

思い出

Category: 日々徒然   Tags: ---
明日から広島へ法事のために行くので、自分の部屋へ戻ってきた。少し時間が経ったからちょっとは平気になったかと思ったが、やっぱり一人でうちにいると彼氏の息子との思い出がぱらりぱらりと思い出されて泣いてしまう。

彼氏よりもわたしと食べ物の好みが似ていて、わたしが買っていってあげたお菓子をうれしそうに喜んで一気食いしていたこと、一度買ってあげたジュースを気に入って、そのあと彼氏に同じものを買って来て欲しいと何度も頼んでいたらしいこと、二人で怪しげな食べ物を笑いながらチャレンジして食べたこと、泊まりに行ったらお風呂掃除をすごく丁寧にしてくれたこと、大好きなゲームをうれしそうにやって見せてくれたこと、学校でのことを彼氏にナイショで話してくれたこと、彼氏ともめているといつもわたしの味方になってくれたこと・・・いろんないい思い出がある。

彼氏の親戚の中には、わたしに息子を会わせたからショックを受けてしまったんじゃないかという人もいたらしい。わたしはなにをどういわれようとかまわない。しかしそんなことを彼氏に直接言う人の気持ちがわからない。一番悲しんでいる人間にどうしてそんなことがいえるんだろう。

おじいちゃんおばあちゃんにさえ会いたがらなくなっていた彼が、わたしと仲良くしてくれて本当にうれしかった。三人で楽しく過ごした思い出はいつまでも消えない。他の誰がなんと言おうとも。

テーマ : 独り言    ジャンル : ブログ

残されたもの

Category: 日々徒然   Tags: ---
彼氏の息子が死んでから丸々9日間経ち、わたしも彼氏も少し落ち着いてきた。しかしどこかへ出かければ一緒に来ればよかったと思い、何か食べればこれを食べさせてやりたかったと思い、毎日が息子への思いでいっぱいだ。

彼氏のうちでこのところ暮らしているが、うちの中のいたるところに息子の面影が残っていて、ふとしたときに思い出して泣けてしまう。彼氏も同様で、やはりここにはもう住めないだろうなと思った。
二人でぼちぼち新しいところを探し、今のうちを片付けながら引越しをして一緒に暮らそうという話になった。

わたしはまだ仕事についていないので、これから仕事を探さなくてはならないのだが、なにかしらやっているほうが気がまぎれるのは事実だ。少しずつ求職活動を始めようと思う。

残ったわたしたちは、これからもしっかりと生きていかなくてはならないのだ。
テーマ : 独り言    ジャンル : ブログ

号泣

Category: 日々徒然   Tags: ---
彼氏の息子が自殺した。

3日の朝、突然「息子が死んでる、すぐに来てくれ」と電話で彼氏が叫んだときは、なにがなんだかわからなかった。
彼氏の家へ向かう途中、てっきり事故だと思ったわたしは、一体なにがどうなったのか想像もつかず、ただ呆然としていた。

彼氏のうちに着いたとき、既に警察が来ていた。そして、その会話から自殺だったことを知った。

息子は本当に眠っているようだった。

この半年間、息子とは本当に親しくなり、一緒に勉強したりいろんな話をした。これからは家族のように幸せに暮らしていけると信じていた。

しかし彼は先に死んでしまった母親の元に旅立ってしまった。わたしにも彼氏にもなにもわからなかった。

今日葬儀を済ませ、自分のうちへ帰ってきた途端、もう何もかもどうでもよくなってしまって号泣した。以前、母親が死んでから何もかもどうでもよくなってしまったと言った彼の言葉が今になってよくわかった。

もう彼にしてあげられることは何もない。
ただ、彼が今は魂となり、何の迷いも苦しみもなく静かにゆっくりしているということだけが救いだ。

テーマ : 独り言    ジャンル : ブログ

眠い

Category: 日々徒然   Tags: ---
このところ妙に眠たい。昨日も夜普通に6時間くらい眠ったにもかかわらず、朝ご飯を食べた後ソファで寝てしまい、気づいたらお昼だった。晩御飯を食べてテレビを見ていたら眠ってしまうこともしばしばだ。

珍しく夏ばて気味だったのが、ようやく元気になってきたなと思った矢先にこの眠気、やっぱり夏ばてってものは結構あとひくものなのかなあ。
まあ今のところ仕事をしているわけでもないし、ゆっくりさせてもらえるうちに夏ばてを解消していくしかないなと思う。

やれやれ今日も結構暑いな。
テーマ : 独り言    ジャンル : ブログ

転職活動

Category: 日々徒然   Tags: ---
そろそろ仕事を始めようと思って、前に勤めていた会社に連絡をしていたのだが、今日不採用だと言われてしまった。一瞬これからどうしようかと思ったが、ここは厳しい現実を受け入れて、新しい会社探しだわ、と医薬専門転職エージェントに早速登録した。

ものすごく久しぶりに以前書いた履歴書を引っ張り出し、異動の時に使った職務経歴書を書き足したり変更したりしてエージェントに送った。なんだかとても対応の早い会社で、早速面談の日も決まってしまった。こんなもんなんだろうか。

転職となると、これまたちょっとエネルギーのいる仕事だと思うが、うつ病もよくなったことだし、ここはそれひとふんばりだと思った。がんばりますぞー。
テーマ : 独り言    ジャンル : ブログ
人生なんとかなるわな

風祭 蘭之介

Author:風祭 蘭之介
詳細はプロフィールをどうぞ
プロフィール
メールはこちらへ

 
ブログ内検索
 
 
 
 
過去ログ
 
 
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。