なんとかなるわな

なんとかなるわな

風祭蘭之介、日々のちょっとした話・・・おまえの眼は節穴か!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好転しない状況

Category: 仕事のこと   Tags: ---
一人目の新人さんが入ってきて4ヶ月、二人目の新人さんが入ってきて3ヶ月、ようやく一人目の新人さんが独り立ちして仕事が出来るようになってきた。二人目の新人さんもあと1ヶ月フォローすればなんとかなるだろう、7月いっぱい頑張れば少しは自分の仕事が出来るようになるだろう、ようやく落ち着くな・・・と喜んでいたところだったのだが、また新たに問題が発覚した。

去年の8月、体制が変わるちょっと前に入ってきた人で、まぁ今は結構時間がかかるけど仕事をきちんとやってくれていたと思っていた人が、実はいろんなワガママをSVに言っていたらしい。さらには自分の仕事が終わって手が開いている時は必ずそのことをSVかわたしに言って、他のチームの仕事を含めて待機時間をなくさなくてはならないというルールになっているにもかかわらず、何もしていない時間がちょこちょこあるということがわかった。タイムシート的な記録をつけているんだが、どうやらそれもいろいろごまかしていたらしい。

SVから話を聞いてみると、実は今までもSVはその人と何回も面談をして、誰々さんが生理的に受け付けないから自分のところに来ないようにさせて欲しいとか、いくらコンプライアンスだからってそんな中途半端な品質の仕事をするのが耐えられないとか言っていて、ものすごくごねていたらしい。しかもそれを受け入れて貰えないと次の契約の更新は考えるみたいなことを言って、辞めてもいいのかとSVを脅すような感じになっていたという。それに屈するSVもどうかとは思うが、現状二人も辞めて新しい人が入ってきているのに、これ以上人の入れ替えでわたしを忙しくさせるのが申し訳ないと思っていたようだ。

そんなところで気を使うんだったらもっとちゃんと出来るようになってくれよ!って言いそうになってしまった。
どうして今までそのことをわたしに話さずに黙っていたのか。それを聞いていたら対応の仕方だって少しは考えられたのに。

わたしは仕事が出来る出来ないよりも、社会のルールや秩序を乱すようなことや、立場を逆手に取って取引するような人に気を使いながら仕事をするというのがどうにも考えられないことだと思ったので、何言ってるんですか、そんな一人だけえこひいきするみたいにして他のスタッフがそれ知ったらどう思うと思うんですか、とSVに言った。
なんでその人だけにそんな勝手を許すのか信じられない、とわたしが言ったのを聞いて、ああそれならもう辞めてもらってもいいっていうのを前提で話をすると言い出した。なんだよこの変り身の速さは・・・てことでその人に他の人と同じようにきちんとやるというように改善要求をはっきりするけど、もしかしたらじゃあ辞めますって言われるかもしれないので覚悟して欲しいと言われた。

うちのSVが本当に目先の事しか見えていないっていうのがまたつくづくわかった感じだ。この人が今より出来るようになるっていうのは本当に諦めたほうがいいのかもしれないな。
感情的にすぐなるし、状況に流されやすくてすぐパニックになるし、正しい判断がちゃんとできない上司の下で仕事するのは正直疲労が激しすぎる。

というわけで、もしかしたら8月でまた一人辞めて新しい人と入れ替えになるかもしれない。ああ、今年も夏休みはなくなったな、と思った。
去年の9月からの新体制になって、ようやくここらで落ち着くかなと思っていただけに今回のことはちょっとやりきれない気分ではあるのだが、もうこうなったら仕方がないんだろうなぁと諦めに入っている。
スポンサーサイト

テーマ : 日常    ジャンル : 心と身体
人生なんとかなるわな

風祭 蘭之介

Author:風祭 蘭之介
詳細はプロフィールをどうぞ
プロフィール
メールはこちらへ

 
ブログ内検索
 
 
 
 
過去ログ
 
 
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。