FC2ブログ
なんとかなるわな

なんとかなるわな

風祭蘭之介、日々のちょっとした話・・・おまえの眼は節穴か!


旅行記 ?Wayanさんとデンパサール

Category: 未分類   Tags: ---



今回はウブドからサヌールの移動途中にデンパサールに寄るという大きな目標があったのだが、幸い素敵なトランスポーターとめぐり合うことができて、更にデンパサールが楽しかった。

彼の名はWayanさん(宿のWayanじゃないっすよ)。めがねをかけていて頭よさそうな、しかもやさしそうな青年で、日本語がかなり上手だった。
最初にお願いしようと思っていた人が既に予約いっぱいで忙しく、かわりにと紹介してもらったのが彼だ。

最初にどこかローカル色豊かなスーパーに行きたいと言ったら、ティアラデワタが近いから行きましょうということになった。普通トランスポートを頼むと目的地で何かするときはドライバーは車などで待っているものなのだが、Wayanさんはなんとガイドのように一緒に来てくれて、インドネシア語がサッパリわからないわたしのために店員にいろいろと聞いてくれた。しかも相変わらず重たい日用品の買物(クリームバスとか化粧品とか)が多いわたしの荷物を全部持ってくれるというのである!!
この値段でそこまでしてもらっちゃ悪いですよ~~(^_^;)と言うと、「いつも婚約者の買物に一緒に行って荷物を持つから大丈夫(ってそれ説明になってないですよ)」と、にっこり笑ってカゴを持たせてくれない。
そしていろいろと買おうと思っているものを一緒に探してくれ、あまりにうれしかったのでフードコートでお昼一緒に食べましょうと誘ってしまった。ミーアヤムを食べたが一緒に出てきたスープに味がないと意見が一致し、またまた和む。

その後スラウェシ通りに布を買いに行った。この店がいいですよ、と言われた店が偶然前回ウブド在住の友達が連れて行ってくれた店だったが、英語がほぼ通じない店で、ここでもWayanさんのお世話に。あの柄はなんだ、コレはレーヨンか、緑色のはないか、など、絶対に一人ではどうにもならん言葉を全部通訳してくれた。値段交渉は自分でするのだが、内容がわかると言うのは本当にありがたい。

そしてスラウェシ通りを少しぶらついて、あとはあれとこれとが欲しいんだけど・・・と言うと「次は現物を持ってくるか、写真を持ってきたほうがいいですよ、その方がお店の人がすぐにわかるから」とアドバイスされた。なるほどその通り、現物見せて「こういうの何処にある?」と聞くと、自分の店になくても知り合いの店を教えてくれたりするのだ。

その後何か変わったものがないかとクンバサリショッピングセンターへ行ったが、これと言って目に止まる物がなかった。ウブドの市場とあんまり変わらないなぁ、広いだけで、というのが正直な感想。しかもお客さんがあまりいないのに、値段交渉に積極的ではなく、値切るんだったら買わなくていい、というような店さえあってゲンナリしてしまった。

しかしWayanさんは本当にいい人だった。わたしが気に入ったものがなかったのがすごく気になったのか、他の店に行かなくても大丈夫か、行きたいところがあったらまだ時間があるから大丈夫ですよとか、いろいろ心配してくれた。

もう次回からはこの人に全部頼もうかと思ってしまったくらいわたしは彼が気に入ってしまった。
写真を撮るのをわすれてしまったので、載せられなくて残念だ。

言い値も最初から良心的だし(ガイドつきトランスポートって思ったら破格値です)、メールはひらがななら読めると言うので、もし興味がある人はわたしにメッセージ下さい。ご紹介いたします。

Comments


人生なんとかなるわな

風祭 蘭之介

Author:風祭 蘭之介
詳細はプロフィールをどうぞ
プロフィール
メールはこちらへ

 
ブログ内検索
 
 
 
 
過去ログ
 
 
 

Archive RSS Login