FC2ブログ
なんとかなるわな

なんとかなるわな

風祭蘭之介、日々のちょっとした話・・・おまえの眼は節穴か!


懐古

Category: 日々徒然   Tags: ---
わたしは記憶喪失を経験している。19歳の時にバイクで事故に遭い、それまでの大部分の記憶が飛んでしまった。現状などは把握できていたんだが、子供の頃のことや中学高校のことが全く思い出せない。今では随分思い出すことができているが、やはり細かいところで思い出せないことがある。同世代と話していると、昔の話になって、思い出せずに困ったことがあった。皆が40年分の記憶を持っているのに自分だけがその半分しか持っていないわけだから、なんだか妙に切ないもんだ。しかしその分新しい物が入ってくるんだからまぁよしとしよう。理由があってぽっかりと穴が開いてしまったんだろう。

しかし最近思い出すのはその事故以降のことが多い。聞いた音楽、読んだ本、大学時代にあったことをこのごろよく思い出す。たまたま聞いた音楽や古本屋で見つけた本などを見ると記憶がその当時にあったことを一瞬にして思い出し、懐かしむ。楽しかった大学生活、苦悩した祖父の介護時代、車に乗っていたときによく聞いた曲などが流れるとその場面が目に浮かんでくる。

人間というのは過去を顧みることができる幸せな動物だ。逆に思い出したくない記憶があったとしても、ひとつもいい思い出がない人などいないだろう。わたしにも思い出したくないことはたくさんあるが、それもひっくるめて今では懐かしい。時間というのは凄いものだ。
テーマ : うつと暮らす    ジャンル : 心と身体

Comments

おはようございます^^ 
そうですね、人は悪い思い出ばかりが先行してしまいがちですけど、良い思い出だってあったはずですよね・・・。

時間と言うのは、本当に凄いですね。

蘭之介さん・・・記憶が飛んでいるところが今もあるのですね。
でも、前見て歩いている・・・そんな風に感じています。
その積み重ねが、また記憶として残って行きますね^^

きっと、この先また振り返った時、良くも悪くも懐かしい、大切な時間になっているのでしょうね!
おはようございます 
記憶喪失を経験しているんですね。
よっぽど頭を強く打ってしまったんですね。
娘も剣道の練習中に頭を打って一部記憶喪失になってしまいました。

人生は思い出の積み重ねなのかもしれませんね。
良い思い出、嫌な思い出。
でも時間が経つと嫌な思い出も、あんなことあったな~って思えるようになりますよね。
時間と言う力のお陰なのかもしれませんね。
記憶 
自分も、嫌だった思い出が
いつの間にか、普通の思い出になっている
ときがあって、びっくりしました。
時間がたつとこういう形になるんだって・・・。

時々結局、嫌な思いでとして
思い返すときもあったり。

記憶というのは、不思議なものですね。
みゆさん 
まだ思い出せないことが沢山ありますよ。
でも最近は話についていけないときは聞き役にまわっています。

時間って本当に凄いです。時間が経ってすべてのことを客観的に見ると、なにもかもが訳あってそうなったというのがわかります。

わたしの記憶の戻らないところは、戻す必要がないか、思い出したくないことかも知れません。あとこれから起こるいろんなことのために神様があけといてくれているのかもしれません。
kujiracchiさん 
わたしは剣道しているとき失神はしましたが、記憶は飛びませんでした^^;

いい記憶悪い記憶、いろんな記憶が人間を作っていくんだと思います。
わたしは子供の頃の記憶がないために、未だに子供にどう接していいかわからなくてうろたえることがあります。
wacotaさん 
よくない思い出も時間が経てば「ああそういうことがあったな」と思えるものもあれば、一気によみがえってきて悲しかったりする気持ちになるものもあります。
でもそんな記憶も、消えてしまって欲しくはないですね。
わたしが無くした記憶の中にもそんなものがあるのかもしれません。
 
辛い経験ですね。
ブログを通じてとは言え、
記憶喪失の経験を具体的に聞いたのは初めてです。
書かれているように、何かをきっかけに、
当時のことを思い出すことができるのは、
確かに懐かしい気持ちになりますが、
私の場合、同時に喪失感で、とても寂しくなります。
心の充実は、若ければ若いほど感じていたような気がします。
今、充実感はほとんど感じられなくて、
もう何年もしたら、全く何も感じなくなるのではないか、
そうなったら、生きる意味はあるのかと考えてしまいます。
すみません。話少しずれましたね。
madagascarさん 
わたしはまだ当時若かったから耐えられたんだと思います。
なくしたものがとても大きいのは、この年になってよくわかります。
人は経験をつんで、学習していくものだと思いますが、
わたしの場合それが抜けているので感情的に欠落している
ところがあると思っています。
折り紙をしていて、皆が折れる鶴が折れないとき、悲しかったです。
思い出すモノ。 
こんにちは、蘭之介さん。

“五感”ではないでしょうか。
蘭之介さんが最近思い出すモノって、五感が憶えているモノなんじゃないでしょうか。
忘れてしまったコトもナニカが思い出させてくれるかも知れません。
そんな気がします。
くもこさん 
そんな感じです。
友達と話していて突然思い出したりすることが多いです。
でもホントにたまに思い出すだけです。
六感はさえてるんですが五感は鈍いのかも・・・ははは^^;
 
ぽっかり開いてしまった記憶の穴は埋めることはできなくても
これからの楽しい記憶をとどめておく事はできますもんね。

楽しいときってこのまま楽しい事が続いて楽しい思い出ばかりが
残ればいいと思うのに、
やっぱり辛く哀しいこともあるわけで、その中にあるときって
その悲しみの中からぬけだせないんじゃないかって思ってしまいます。

でも今思い出せば楽しいことも辛い事もすべてが今の自分を
作っているんだと思っています。
くるみさん 
わたしの空いてしまった記憶は、神様がまだまだ埋めるべきものがあるゆえに空けてくださったのかもしれません。

楽しいことだけでは楽しくはなく、辛いことがあるからこそ楽しいことがありえるんですね。
片方だけが存在するはずはないんです。

人生なんとかなるわな

風祭 蘭之介

Author:風祭 蘭之介
詳細はプロフィールをどうぞ
プロフィール
メールはこちらへ

 
ブログ内検索
 
 
 
 
過去ログ
 
 
 

Archive RSS Login