FC2ブログ
なんとかなるわな

なんとかなるわな

風祭蘭之介、日々のちょっとした話・・・おまえの眼は節穴か!


味覚の変化

Category: 日々徒然   Tags: ---


久しぶりに彼氏と亀戸のサンストリートに行った。なんだか変な天気で、蒸し暑かったり涼しくなったりで体調を崩してしまい、あまりゆっくりできなかった。しかしふと入ったトイザラスのレジ近くに、カンロの「甘夏ピール」というお菓子があるのに目がとまり、無性に食べたくなって一つ買って帰った。うちに帰って早速食べたら、これがなんとも言えずうまくて、久々のおやつヒットだった。

わたしは以前は本当に柑橘系の皮のにおいが嫌いで、近くでみかんを剥かれようものなら鬼のような顔をしていたらしい。会社のお昼時に近くの席に座っている人は「風祭さんすみませんm(。_。;))m ペコペコ・・・」と言ってみかんを食べていた。そして妹とアフタヌーンティーの雑貨売り場に行った時、妹が部屋の消臭スプレーだか何かでオレンジの香りのする(しかも天然成分由来か何かだったような)ものを見つけ、試しに少しスプレーしたら、周りがオレンジ臭だらけになってしまい、店から出る羽目になったこともある。「何してるんだよ店にはいれねーじゃねぇか!」と店の外から妹をしかりつけたっけ。

そんなわたしが今では全く柑橘系が問題なくなったというか、逆に好きなくらいである。特にこの皮の砂糖漬けなんて昔だったら絶対に食べなかったと思うが、今ではもう大喜びして食べるくらいなのだ。今まで近所で見かけたことがなかったので、通販でダース買いしてしまった。これで当分ちまちまとおやつに甘夏ピールが食べられるってもんだ。

この味覚の変化はおそらく抗うつ剤を飲み始めてから進んだようで、他にも前はニガテだった甘いものも結構食べられるようになり、コーヒーも大好きだったのが今ではどうでもよくなった。喫煙に至っては薬を飲み始めたら知らない間にたばこを買わなくなっていた。どういう影響かよくわからないが、これだけ長い期間薬を飲み続けたことは今まではなかったので、まぁ何がしか影響があってもおかしくはないわなぁとも思う。

そんな薬も最近ちょっとずつ用量が減ってきて、嬉しい限りである。肝機能値があまりよくないので、これは本当にありがたいことだ。このまま調子よく続いてくれれば本当にうれしい。

テーマ : うつと暮らす    ジャンル : 心と身体

Comments

 
味覚の変化ですか~
薬の良い意味での副作用なんですかなねぇ?
僕は年齢と共に色々とあまり食べなかったものが好きになったりしてきました。
老化の始まり(笑)
Re: タイトルなし 
kaionさん
老化なんて(笑)。年とともに味覚が変化するのはよくあることなんですかね。
うちの母なんて既に65過ぎていますが、未だに肉が好きだといいます。
でも子供のとき嫌いだったものが大人になってから食べられるようになるのってありますよね。
味覚は成長するのでしょうかね。
 
 薬で味覚が変わるんですか。びっくりびっくりです。
 私の次男は嫌いな物がいろいろあるのですが、「我慢すれば食べられる」 ようになったけど、やっぱり嫌いは嫌い、だそうです。
 私は唯一納豆がダメでした。同じ部屋で食べてる人がいたら逃げました。でも二十歳のとき一粒から訓練して、食べられるようになりました。
 薬が減るのはいつでも嬉しいですね。
Re: タイトルなし 
fkmamikoさん
わたしもそんなことがあるとはねぇと思っていたんですが、結構周りにも抗うつ剤を飲んでいる人が味覚の変化に気づいているので、おもしろいなと思いました。
それにしても納豆を一粒ずつとはすごいですね!
 
このお菓子 うちの妻も
大好きです。

やはり売ってる店が少なく
近所で唯一売っている
ドラッグストアで買いだめしてます。

自分も うつ罹患後は甘いものを
かなり食べるようになりました。
薬の影響だったんですねぇ~。

でも やせなくちゃ…
Re: タイトルなし 
1000エーカーさん
そうですか、ドラッグストアでも売っているんですねぇ。
しかし甘いもの、ホント自分から食べるようになりましたよ。
ケーキなんて自分で買うことなんかほとんどなかったんですけどね^^;
今は何故かおしるこが食べたいです。寒いからかな。

人生なんとかなるわな

風祭 蘭之介

Author:風祭 蘭之介
詳細はプロフィールをどうぞ
プロフィール
メールはこちらへ

 
ブログ内検索
 
 
 
 
過去ログ
 
 
 

Archive RSS Login